清瀬あんず🍑デート風景。

清瀬 あんず

レンタル彼女 CLAXXIC清瀬あんずです🍑

 

今回は撮影会レポ!

以前のものは結構Twitterにも載せてるので良ければ見てみてくださいね👀

Twitter:@CLAXXIC_anzu

 

今回はいつもとは違い、物語風にしてみました。こう言ったお話?みたいなのは初めてだったけど楽しかった!

拙文ですが、よろしければ実際のデートを想像しながら見てみてくださいね👀

 

彼女とのデート  昼のピクニック

♡♡♡

待ち合わせの駅から5分ほど歩くと、綺麗だがどこか懐かしい公園があった。

 

そこは東京とは思えない、自然豊かな場所で、

家族連れ、カップル、一人でのんびりする人、、色んな人が、それぞれの楽しみ方をしている。

 

ぼくたちはそんな彼らに溶け込んでるようだ。

ヒールが高いのに彼女はどんどん進むので、心配でヒヤヒヤしてしまう。転ぶなよ、と思いながら目が離せない。

手を繋げたらいいのだけど、残念ながらまだ手は繋いでない、いや、繋げない。だってぼくの心臓の鼓動は、自分でも聞こえるほど大きくなっていたから。

 

「東京にもこんなところあるんだね!」

そんな苦しい胸中もいざ知らず、無邪気にはしゃぐ彼女の名は清瀬あんず。

徐にピクニックシートを広げ、自分に隣に来るよう催促する。「ここおいでよ」

うん、と静かに頷くも、内心は心踊りながら、ぼくは彼女の隣によいしょ、と腰をかけた。

 

 

そして彼女は、ぼくの隣で笑顔で僕の話を聞いた。

それは本当に、たわいもない話だ。昨日何があった、最近ハマってること、こんなところに行きたい、とかオチも爆笑も何もない、ただの徒然日記。

普段だったら周りの雑音にかき消されるような、そんな話だけど、

彼女はうんうん、と頷きながら、時折あははっと笑って聞くのだった。だからだろうか、ちょっとした愚痴も、ここではつい口をついてしまう。

 

不思議な空間だ。

 

 

しばらく話していると、ふと彼女が指をさした。「みて!」

ぼくがそちらへ顔を向けると、なにかが飛び跳ねた。「魚だよ!すごいね!」

あんずは不意の出来事に興味をそそられたようだ、笑顔でぼくにまたはねた、とか報告してくる。魚なんかよりぼくを見てくれよ、とも少し思いつつ、楽しそうな彼女を座ってぼくは眺めていた。

 

 

十二分に魚を堪能したのちあんずはシートに戻ってきた。満身創痍らしい。

 

その頃にはもうあたりは少し寒くなっていた。

帰るにはまだ早い時間だが、彼女は立ち上がって、ピクニックシートを片付けている。

駅で少し遊ぶのかな、と思っていたらあんずは手を差し出して言った。

 

「手。繋ご」

「えっ、」

驚いた。まさか女の子から言われるとは。

それはまるでぼくの心を見透かしていたかのように。

 

 

息を呑む。

 

女の子の、手。

 

ぼくは彼女の手をそっと、握ってみた。壊れないように。

彼女の手は少し冷えていて、細かった。

ちゃんと食べてるのか、寒くないか、嫌じゃないか、ぼくは汗かいてないか、色々心配事を聞きたくなる。

 

けど今は。

このまま、静かに、手を繋いで帰ろう。

 

言葉はいらない。

必要なのはたった2人。

 

♡♡♡

 

おしまい

このブログを書いたキャスト

清瀬 あんず
もっと見る

CAST BLOG

キャストブログ
清瀬 あんず

清瀬あんず🍑自分を変えたいあなたへ。

清瀬 あんず

清瀬あんず🍑活動休止のご報告。

清瀬 あんず

清瀬あんず🍑お料理の話。

RECOMMEND

オススメ情報
事務局さやぽよ

『レンタル彼女』と『パパ活』の違いとは~元レンタル彼女さやぽよの見解~

CLAXXIC代表 RISA

【レンタル彼女制作の話】女性の素敵な写真をもっと撮りたい!

CLAXXIC代表 RISA

【レンタル彼女小話】レンタル彼女の実態を紐解いていこう

CLAXXIC代表 RISA

【レンタル彼女小話】レンタル彼女デビューまでのステップを紹介!

           
清瀬 あんず

初デートにオススメ!池袋のデートコース紹介【レンタル彼女とデートの練習をしよう!】

           
清瀬 あんず

【レンタル彼女ユメカノ東京】未来のキャストの皆様へ。